水納島のダイビングについて

沖縄本島の北部にある渡久地港からフェリーで15分ほどで到着するというアクセスが便利である水納島は人口が40人ほどしかいないという沖縄の中でも有人の島としても小さな島といっていいと思いますが、たくさんの観光客が押し寄せる観光の島と言っていいでしょう。上空から撮影した写真などを見れば一目瞭然ですが、特徴的な島の形から「クロワッサンアイランド」とも呼ばれてる島はサンゴ礁に囲まれており、透明度が非常に高い海はダイビングに向いており、その海の色から水納島ブルーと呼ばれるくらいです。小さな島ではありますが、ダイビング天国ともいえる水納島では10カ所以上のダイビングスポットがあるダイビングのメッカでもあります。沖縄本島からのアクセスも良いことから短時間のダイビングツアーもたくさん組まれています。

浅場からずっとサンゴの群生が続いており、そのサンゴには人気のフィッシュである、スズメダイやクマノミが住んでおり、カラフルやサンゴにカラフルやフィッシュの群れ泳ぐ姿はいつかどこかで見た映画の一場面か写真集で見たことがあるような気がするほどです。5メートル程度の浅場のダイビングスポットから比較的深場のダイビングスポットもありますので、ダイビング初級者からダイビング上級者まで自分の技量に合わせたダイビングを楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です