ダイビングスクールを利用

13

まぶしい沖縄の海においてお考えの皆さん、果たして取れるか心配ではありませんか?どのダイビングスクールを利用すればよいか決めかねていませんか?

ダイバー専門店の数件では手軽にダイビングを楽しんでいただきたいと思って、器材とその他2点の預かりサービスをやっています。海に入る時でも身の回り品だけで十分です。

ダイビングのプロは「ダイビングの見聞が多数ある」「ダイビングが上級クラス」と評されることだけではなることはでいません。

わが国では最も南に位置する沖縄がダイビングの聖地の称号を与えてもおかしくありません。壮麗なサンゴ礁を回遊するダイビングはその他の場所とは比較できない特別なものです。

果てしないマングローブ林を巡るカヌーのツーリング。魅惑的なジャングルを抜けて雄大な滝を徒歩で見に行く。大人の冒険心をくすぐる西表島の大自然へ出発!

詳細なクラスを課題に12年間どんなのコースでも多くても4名で催してきました。スキューバダイビングはアリガー南やアリガーケーブルを交えて4つからなるポイントを間違いなく体験します。

頬をなでる優しい風、ささやかな川のせせらぎ、鳥たちの鳴き声。他の音は1感じられない。両岸に続いている海漂林は、言うなれば絵に描いたような南国の景色である。

沖縄の琉球村とは歴史ある民家を移してきて展示しているだけでなく、藍という植物を使った染め物体験や三線・エイサーの推進、沖縄県民のおばあとの楽しいお喋りなどを見て実践できる施設です。

ダイビングのプロは「ダイビングのステージが結構ある」「ダイビングが巧み」と噂される程度ではなり得ないのです。

たった一人で来られるビギナーの率が5割を超えていて、だからこそ仲良く心ウキウキとダイビングを体験できることを願っています。

15

ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を利用して海上を疾走するマリンスポーツである。サーフボードを大きめにしてヨットにあるセイルを立てた物と呼べばイメージが沸くだろうか。

大きなクジラの雄大な動き方をこの目で確認したい!というクジラファンに人気なのが、早く目的地に着けるクルージングで進む素敵なホエールウォッチングです。

体験ダイビングの場合、大半全部のダイビングショップは表示金額の中に器材のレンタル費・受講料・タンク・ウエットスーツなど講習の現地でかかる費用全部が入っています。

16
沖縄の海の中でも特にダイビングと言えば想像される「青の洞窟」を、手軽なシュノーケリングで楽しむ定番のシュノーケリングコースです!詳細なレクチャー後に出かけます。のんびりできる海の風景とエキゾチックな洞窟をご覧ください。

沖縄の那覇発、北谷発とも「5歳以上小学生以下」のお子様連れには嬉しい船長体験&インスタントカメラでの撮影会(撮影した写真1枚)を差し上げます。できればこの機を逸さずにお申し込みされることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です